管理会計が必要な理由。資金繰り表を提供し、内容を説明しました。長期借入金の返済に注視するキャッシュフローの把握は経営に必要な要素です。これは税効果会計とは違います。金融機関の視点で、マーケッターの視点で、管理会計をすると厳しい経営環境が浮き彫りになることもあります。

 税効果会計と管理会計の話を聞いたことはあるでしょうか。

簡単に説明すると税金を計算するための会計が税効果会計で、経営を運営するために社内で使用する会計が管理会計です。

税効果会計は、結果をもとに税を計算して仮説を立てながら税務上の対応を税理士がアドバイスしてくれます。その延長で、税理士は会社の数値を把握し管理会計も担っていると思います。

税理士や会計士の方からは、次のようなアドバイスを受けていると思います。

損益分岐の売上高、借入金の返済額とキャッシュフロー、将来の貸借対照表上の問題、などなどアドバイスしてくれていると思います。

その数値をつくる活動については経営になるわけですが、両輪なのである程度は相談されているのではないかと思います。私がコンサルティングをしている中には、残念ながら結果を集計するだけという税理士もいます。

失礼な言い方かもしれませんが、会計ソフトで十分です。

 将来の計画についてアドバイスは無いのだろうかと疑問に思う事象として、融資の相談に来店するタイミングが遅い、借入金の返済可能額の把握ができていない、現実的な計画ができていないという点がとても多いです。

 特に中小企業においては、経理担当者は財務内容を把握しているものの、資金繰り計画を立てる事ができない、実態とのズレが大きい計画となっている、などが散見されました。

 将来計画は、リスクをコントロールしていく方が堅実な経営に繋がりますので、ある程度のリスクを考慮した後ろ向きの計画に対策を講じていく方が良いと個人的には感じています。

そのためにも数字の「根拠」を説明できるかどうかは、とても大切です。経営の数値化ができる右腕、財務担当者を育成するのもコンサルティングの1つだと強く感じているところです。

根拠のない数字で経営していないかどうかを、見直してみてはいかがでしょう。返済額にキャッシュが追い付かない、営業環境が八方ふさがり、こうした状況でも知恵をだして打開しなければ未来は開けません。

自分が納得のいくサービスを提供できるようにがんばろうと思います。