資金繰りが…どうした?

資金繰り表は、実際のキャッシュの動きを表にしたもので、収支計画と共に重要な資料になります。この数値を目標値とする場合には、実行計画がで作成されえいなければ、何となく営業しておわるということに…。

一方で、現実離れした計画(数字の根拠がない)を立てたり、資金ショートする対策がとられないと、いわゆる忙しい資金繰りになるわけです。

これは、毎月修正する必要があります。税効会計とは違うので、社内で経理担当者や役員が管理する必要もあるのでより実効性が求められます。(管理会計)つまり、結果を表に表したものではなく、将来の計画を見える化した表です。

こうした資金繰り表と共に事業計画を併せ持ち、自社の成長ストーリーを描きたい方は、是非お問合せください。

資金繰り表や収支計画、事業プラン自体はペーパーですが、安易に考えてはいけません。実行計画と実施指標を作り、実行することが重要なのです。