創業計画の相談に乗れません!

多店舗展開している事業者A。コロナ渦で不採算になった店舗を即閉鎖。社長のこの判断は素晴らしいと思います。一方で、店舗が減った分、

1人当たりの生産効率は悪化、家賃はどうにかなったものの、人件費と集客で苦しんでいます。

コロナ対応資金で一時しのぎはOK。

優秀な社員を独立させて、資金調達し人員を効率的に動かしていくやり方を考えていました。

新店舗の計画作成の相談を受け、少しだけアドバイスはしましたが、

金額を考慮し、銀行(保証協会)だけの利用をすすめた私と、

公庫との協調融資をすすめる税理士と意見が合わずに静観です。

計画は商工会経由で作成したようです。
協調融資は銀行のコーディネート力の見せ所のような気もします。

資金計画が確定しない状況で申し込みしたようで

保証協会の承諾が早く、公庫の承諾が遅いため資金計画に差異が生じ、仕切り直しになったようで、計画再構築で承諾させたようです。

急がば回れ、順を踏んで進めないといけませんね。

今は、営業開始しているので良かったです。

相談してもらえるように信用を積み重ねていきたいと思います。
事業は開始したばかり、これからが勝負なのでパートナーになれるよう提案しに行きたいと思います。