集客できない悩み、解決のヒント!AIDMAの視点を基本にした進化系をどう使う?

コミュニケーションと行動心理について、消費者の購買行動の法則を紹介します。商品を購入するとき、顧客はどのように無意識で行動しているのか?

顧客の購買プロセスとして購買行動を5つの段階にまとめた、AIDMA(アイドマ)やAISAS(アイサス)という言葉は有名です。

商品やサービスを供給する側は、この購買プロセスに沿って、顧客との間に効果的なコミュニケーション手段を準備する必要があります。こうした流れを構築していくにあたり、「どうして人は動かさせるのか」を考えてみる必要もあるでしょう。以下に4つ紹介します。

1.AIDOMA アイドマ

  • Attention:注意・注目 
  • Interest:興味関心
  • Desire:魅力・欲求 
  • Memory:記憶
  • Action:行動・購入
消費者が物を購入するとき、「注意→興味→欲求→記憶→購入」の流れを無意識に行っているとされています。これらの頭文字を1つずつとって「AIDMA」としています。

2.AISAS アイサス

  • Attention:注意
  • Interest:興味関心
  • Search:検索・情報収集
  • Action:購入
  • Share:共有
これはインターネットでの顧客の行動パターンを表わしています。HPやSNSで商品を購入する時、皆さんはどうでしょうか?

3.AISCEAS アイセアス

  • Attention:注意
  • Interest:興味関心
  • Search:検索・情報収集
  • Comparison:比較
  • Examination:検討
  • Action:購入
  • Share:共有
世の中のコミュニケーション方法が変化するたびに、人の購買心理がかわってくる。
あたなは、どの段階のコミュニケーションにいる?

4.AIDCAS アイドカス

  • Attention:注意
  • Interest:興味関心
  • Desire:欲求
  • Conviction:確信
  • Action:購入
  • Satisfaction:満足
最終的には、顧客価値(満足)に行きつきますね。


まずは、知恵を出し、勇気を出して挑戦する方が結果が出ることが多いでしょう。結果を出すには「挑戦して行動する」ことが、最初のステップです。

とは言うても、知識や知恵があれば、的が絞れるので成果を出す近道になると思います。

私たちが提供しているサービスを詳しく知りたい方

click

サービス内容